ペガサス東和塾

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

大学推薦合格

大学受験
2019年12月10日

卒塾生からうれしい報告がありました。江戸川高校の生徒は指定校推薦で共立女子大学、向丘高校の生徒は公募推薦で昭和女子大学にそれぞれ合格しました。おめでとうございます。折角来てくれたのに、授業中だったのでゆっくりお話が出来ずに申し訳ございませんでした。

一般的に女子の現役志向は強いといわれ、確実に大学に合格するための選択肢を増やす観点から、女子大への志願者が増えています。特に今年度は、現役合格できなければ、共通テストを受験することになるので、安全志向から推薦入試の出願者が例年になく多かったようです。

首都圏の有名女子大の志願者数の状況を見ると、昭和女子大学や共立女子大学、大妻女子大学、学習院女子大学、津田塾大学、日本女子大学、フェリス女学院大学、大妻女子大学などが前年を上回りました。

その背景は、大規模私立大に対して入学者を定員どおりにするように求める「定員厳格化政策」の影響が大きいことと、同程度の難易度の総合大学と比べて就職率が高い大学が多く、その就職力が注目されているからです。2019年卒の昭和女子大学の実就職率は97.3%、共立女子大学は92.1%でした。

今年9月に州立テンプルトンジャパン(TUJ)キャンパスが昭和女子大学内に移転しました。学生はTUJの講義が履修でき、カフェテリアや学生ホールなどキャンパス内で様々な国籍の学生たちと交流できます。まさにスーパーグローバルキャンパスが誕生しました。以前の職場で同僚だった森美樹也氏がTUJのエグゼクティブMBAプログラムディレクターをしています。

 

入試方法別入学者数の割合と設置者別入学者の割合のグラフ

【大学入学者の大学別一般入試入学者率】
1位 東京医科大(100.0)
6.    東京大(95.8)
9.    京都大(93.3)
13.  千葉大(91.9)
15.  一橋大(91.2)
24.  埼玉大(87.8)
26.  東京学芸大(86.8)
39.  東京工業大(84.3)
94.  東京理科大(76.4)
101. 芝浦工業大(75.2)
135. 筑波大(70.9)
147. 明治大(69.7)
197. 東洋大(62.8)
214. 駒沢大(61.7)
219. 法政大(61.5)
243. 青山学院大(60.0)
255. 立教大(57.8)
273. 早稲田大(56.0)
274. 慶応義塾大(56.0)
309. 中央大(52.0)
316. 昭和女子大(51.4)
348. 共立女子大(48.7)
350. 専修大(48.0)
376. 上智大(45.8)
388. 日大(45.1)


492. 日本体育大学(35.7)
613. 日本女子体育大(22.9)

720. 見延山大学(0.0)

首都圏の私立大は一般入試と推薦入試での入学者数の割合は半々です。

library_books 無料体験授業実施中

東和塾の雰囲気や授業を
無料で体験してみてください!

詳しく見る