ペガサス東和塾

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

内申点確定④

都立高校入試情報
2019年12月09日

第一志望の都立高校だけを受検する予定だった塾生が、内申点が確定しこの機会に私立高校の併願優遇を利用することになりました。高校では思う存分部活動を楽しみたいと、あえて進学Aコース(5科18)ではなく、進学Gコース(5科16)を選択しました。高校の部活は中学以上にハードですので、無理せず、部活と勉強の両立が可能なコースを選択したことは、私は賢明な判断だと思います。

また、併願優遇の5科基準に届かなかった塾生は、「1年間皆勤」「クラブ活動」を評価・加点してくれて条件をクリアしました。私立高校からすれば、真面目で部活動を頑張った子ですので、ほしい生徒だったはずです。

11月に実施された第3回定期考査に向けて中3生には、最低でも前期の評定をキープすること、評定アップのチャンスがある科目、評定ダウンのリスクのある科目に時間配分を増やすように指示しました。全科目をまんべんなく勉強できればベストですが、メリハリをつけたほうが結果として評定アップにつながるからです。加えて実技科目も直前になって慌てないように、提出物は丁寧に仕上げるようにアドバイスしました。

「うちは公立志望だから私立はいいわ」。そんな声をよく聞きますが、 「もっと早く調べておけばよかった…」と後悔されるご家庭が非常に多いのも事実です。 公立高校が第一志望の場合でも、私立高校もすべり止めの抑えとして受験しておくと安心です。

二人共、私立高校を抑えたことで第一志望の都立高校受検に思い切りチャレンジできます。

 

 

library_books 無料体験授業実施中

東和塾の雰囲気や授業を
無料で体験してみてください!

詳しく見る