ペガサス東和塾

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

全国サッカー選手権千葉県予選

東和塾ブログ
2019年11月11日

昨日は、全国高校サッカー選手権大会千葉予選の準々決勝(専修大松戸vs柏日体)の試合を柏の葉陸上競技場で次男と観戦しました。柏日体は今夏のインターハイで市船流経を破って千葉県代表になった強豪校です。最近は柏レイソルのコーチが指導しています。一方、次男が所属していた専修大松戸高校サッカー部は、2010年に人工芝のグランドに改修してから、県内のクラブチームから多くの選手がスポーツ推薦で入学してくれるようになりレベルアップしてきました。

2011年から、国学院久我山高校のリー元監督の紹介でコーチを派遣してもらい、ショートパス主体のサッカーを目指すようになりました。現在は、ジェファFCジュニアユースの監督でもある伊藤氏がコーチをしています。ご存知の方も多いかもしれませんが、ジェファFCは綾瀬小グランドをベースに活動している地元のクラブチームです。コーチはリーさんの教え子たちです。ジェファFCからは国学院久我山高校はもちろんのこと、市船や流経でプレーする選手も多く、専松にも毎年数名が入部しています。

夏休み期間中にゲーム形式の選考会があり、それに合格するとスポーツ推薦枠で入学できます。学業では5科で最低でもオール3以上ないと難しいかもしれません。スポーツクラスは1クラスで野球部、相撲部やサッカー部の選手がメインです。A類・E類・X類とは別カリキュラムですので学業面の不安はありません。次男の同級生の中には、指定校推薦やスポーツ推薦枠を利用して、青山学院大学や成城大学などへ進学するサッカー部員がいました。進学校ですので指定校制度を利用せずに一般受験する生徒が多いそうです。

私立大学の定員厳格化や新テストの導入で、大学付属高校を志望する生徒が増加する中、専修大松戸高校は希望者全員が専修大へ進学できますが、国立大・早慶・GMARCHを目指す生徒の方が多いかもしれません。親御さんからみればひと安心ですよね。最近は専大サッカー部でも専松の選手の活躍が目覚ましく、専修大のサッカー部のスタッフが練習を視察(スカウティング)にみえているそうです。

専松の準決勝の相手は市船です。11月27日(水)に柏の葉陸上競技場で10:30キックオフです。

library_books 無料体験授業実施中

東和塾の雰囲気や授業を
無料で体験してみてください!

詳しく見る