ペガサス東和塾

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

迷走する大学入試改革

大学受験
2019年11月07日

「大学入試改革」の大風呂敷を広げてしまった文部科学省は、カッコ悪い話ですがメンツは丸つぶれです。

英語民間試験の導入延期に留まらず、国語・数学の記述問題の出題についても反対意見が噴出しました。日本大学文理学部教授の紅野謙介教授は「国語教育の危機」(ちくま新書)の中で、「大学入学共通テストの試行テストの国語の内容を見る限りでは本当に国語の大学入試問題なのかと首をかしげたくなる」と述べています。

さらに「どうしてもっと冷静で合理的な判断が出来ないのでしょうか。いったん走り出したら、止められない。まさにその思考力・判断力・表現力に乏しい人たちが指導者意識だけで旗を振っているように見えます。それこそが『国語教育の危機』をもたらしているのです」とも。

国語の記述問題には、50万人分を20日間という短期間で採点するには1万人以上の採点者が必要です。その中に学生アルバイトも含まれてしまうため、公平公正な採点ができないし、問題の漏洩というリスクがあります。また、記述の自己採点が難しいため、国立大2次試験の出願に影響が出てしまうという懸念です。

私は、大学入学共通テストで記述式を導入することを中止し、マークシート形式の「センター試験」に戻した方がいいと思います。高校で学んだことをしっかり習得できているかどうかを試すべきで、変な色を出さないで、基礎的な知識や技能などを問うだけの問題にするべきでしょう。

大学毎に求める学生像が異なるわけですから、必要なら個別試験で、英語のスピーキングテストや国語・数学の記述問題を出題して、各大学の責任に,おいて公平・公正に採点すれば済むのです。

 

library_books 無料体験授業実施中

東和塾の雰囲気や授業を
無料で体験してみてください!

詳しく見る