ペガサス東和塾

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

大型台風19号

東和塾ブログ
2019年10月14日

この度の台風19号により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心より お祈り申し上げます。

伊豆半島に上陸した大型の台風19号は13日午前に太平洋上へ抜けましたが、関東地方を中心に激しい雨を長時間降らせ、河川の氾濫(はんらん)や、土砂災害など広範囲に大きな傷痕を残しました。当初、瞬間風速60m以上の大型の風台風と思い込んで、窓ガラスに養生テープを貼って対策をしていました。ところが今回の台風19号は前例のない雨台風でした。わずか一日で年間降水量の3~4割にあたる雨が降るという記録的なものとなりました。幸いにも、私の住んでいる浦安(標高2.3m)は、台風本体の活発な雨雲は流れ込んでこなかったので被害はありませんでした。

多数の友人からSNSで見舞いのメッセージが届きました。この足立区東和地域(標高0.1m)でも河川の氾濫が起きると3mで2階建ての家の1階部分、5mでは2階の屋根まで水没します。荒川が氾濫すると北千住駅前で浸水が5m90cmになるそうです。

水害は事前に予測できる災害です。まずは自分の住んでいる地域のハザードマップで、中川、綾瀬川、荒川など河川ごとの浸水状況を把握しておくことが大切ですね。

*「標高」と「海抜」とでは基準となっている海面が違います。

「標高」は、日本では東京湾の平均海面を基準とした土地の高さのことです。一方、「海抜」は近くの港湾の平均海面を基準とした土地の高さのことです

 

library_books 無料体験授業実施中

東和塾の雰囲気や授業を
無料で体験してみてください!

詳しく見る