ペガサス東和塾

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

大学入試改革

大学受験
2019年05月26日

2021年1月に実施される大学入学共通テストの英語は、共通テストの英語試験(リーディングとリスニング、配点1:1)と英語4技能を評価するために民間で実施されている英語資格検定試験の2本立てになります。2024年1月実施の試験までは共通テストとしての英語の試験が残ります。

英語資格検定試験は、高2の11月から大学までの2年間で何回でも受検できます。「英語認定試験」は、高3の4月から12月までに受検した2回分が対象となり、結果は大学入試センターへ送付されます。それぞれ条件が異なりますので注意が必要です。その使い方は、「出願資格」「試験免除」「加点」などです。この民間の英語資格検定試験と、共通テストの英語試験、そして大学ごとの個別試験をどのように利用するかは、各大学・学部に委ねられます。

まず、国立大学の旧七帝大(東京・京都・大阪・名古屋・九州・東北・北海道)は、受験機会の公平性(業者試験はきわめて明瞭にパターン化しているので、受験をすればするほど点数があがるといわれています)、費用の負担などを考慮した結果、2021年度入試では英語認定試験の結果を点数化して活用しません。

その中で、東京大学、京都大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学の5大学は、英語認定試験を「出願資格」とし、その基準は「CEFRのA2以上」、つまり英検準2程度です。さらに、出身高校の校長が「A2以上の英語力をもっている」という証明書があれば出願できるようになります。

東北大学、北海道大学に至っては、英語認定試験を出願資格としても活用しないことを発表しています。

つまり、英語認定試験の活用については、消極的な国立大学が多いといえます。それでも東京工業大学は、A2以上を出願資格とした上で、個別試験の英語150点のうち30点分を、英語認定試験による加点分としたり、静岡大学や茨城大学は、CEFRのレベルごとに得点を設定し、共通テストの英語試験の得点に加点する方式を採用します。国立大学81校のうち30校、約4割弱が、静岡大学や茨城大学のように加点しますが、英語総点の2割程度と、入試全体に占める割合は小さく、合否判定への影響は限定的です。

【東京工業大学】
●個別試験(前期日程) 750点満点
数学 300点
物理 150点
化学 150点
英語 120点(筆記試験)
30点(認定試験)
→全体の4%、英語の配点の20%
【茨城大学】
●1次試験 英語300点満点
筆記 200点
リスニング 50点
英語認定試験 50点(加点)

一方で私立大学は今まで通りセンター試験利用入試の方式を継続する大学がほとんどですが、利用の仕方を見直す大学も出てきていますので出願の際は注意する必要があります。特に英語認定試験(高3の4月から12月に受検した2回)と英語資格検定試験(大学受験までの2年間に受検したいずれかの)の結果を活用する2パターンになります。

【慶応義塾大学】
共通テストは利用せず。英語資格検定試験も活用しません。

【早稲田大学】
共通テストを初年度から積極的に利用する。
政経の共通テストで数学Ⅰ・数学Aが必須になり、数学を避けて早稲田大学の政治経済学部に入学することはできません。

●政治経済学部一般入試 200点満点
▶共通テスト(100点満点)
英語 25点
国語 25点
数学Ⅰ・A 25点
選択科目 25点
▶学部試験(100点満点)
英語認定試験 30点(検討中)
学部独自試験
国語 40点
英語 30点

【上智大学】
共通テストの利用をスタート。
一般入試3方式すべてで英語資格検定試験を活用。

【青山学院大学】
経済学部を除くすべての学部・学科の一般入試で共通テスト「併用」
を設定。学部・学科によっては、英語資格検定試験を活用。

【法政大学】
センター試験が共通テストになるだけで従来通りの方式。

【中央大学】
センター試験が共通テストになるだけで従来通りの方式。
英語資格検定試験の結果を出願資格に。

【明治大学】
英語資格検定試験を、共通テスト利用入試では活用しませんが、一般入試では積極的に活用。商学部では出願資格、他部はスコアに応じ英語の得点を80点、90点、100点(満点)に換算。

よって、志望校を選ぶ際にはできるだけ早い時期から各大学の入試方法を確認する必要があります。志望する大学・学部が、共通テストを利用した入試を実施するのか、英語認定試験の結果を利用するのか、今までの英語資格検定試験を利用するのかでその対策時期も異なるからです。各大学・学部の動向をきめ細かくチェックしておくことが、ますます重要になってくるでしょう。

 

library_books 無料体験授業実施中

東和塾の雰囲気や授業を
無料で体験してみてください!

詳しく見る