ペガサス東和塾

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

春期講習❸

春期講習
2019年04月05日

今日は春期講習の最終日です。小学生は6日間、中学生は6~8日間の講習も今日が最後になります。短い期間でしたが、新学年の内容を少しだけ先取りすることができました。来週からいよいよ学校が始まります。クラス替えがあったりとバタバタと忙しい、落ち着かない日々が続きそうですが、早く慣れるといいですね。

教室のホワイトボートには、勉強のやり方の基本ルールを表示しています。間違った勉強法を続けていては成績はあがりません。春はリセットのチャンスでもあるので、この機会に正しい勉強法に改めましょう。

❶学校の授業を大切に
塾はあくまで学校の授業のサポートです。学校の授業を集中して聞くことが大前提です。

❷ノートを整える
ノートの左側3cmの線を引き、必ず日付・問題番号を書く。さらに、問題と問題の間は1行空ける。
答え合わせをして、間違えた問題を解き直したり、解法の手順を記入したりする余白を残す。

❸正しく「覚える」
まずは読んで、見て覚える。「短く」「早く」が基本。時間を意識してダラダラしない。5分~10分と制限時間を設ける。教科書の内容をノートにまとめたりしていると余計な時間がかかる。赤シートで隠したりして、読んで、見て覚える方が効率的です。音読も有効です。五感をフルに活用しましょう。

❹正しく「解く」
問題を解くときは、教科書や参考書を見ずに解く。丸付けは1ページずつ。まとめて丸付けをすると最初に解いた問題の解法を忘れてしまうから。半分以上解けなかったら覚え直す。中学生に多いのは、提出物の学校ワークをやるときに、教科書をパラパラめくりながら、それらしき語句を見つけては書き写すことです。これは作業で勉強ではありません。

❺正しく解き直す
仕上がるまで1冊をやりこむ。1冊の問題集を3往復できればベスト。1・2回目は全問解き、3回目は、できなかった問題のみ解く。できない問題をできるようにしなければ得点アップにつながらない。

❻わからなければ調べる
まずは自分で調べる。まずは教科書で、それでもわからなければ辞書や参考書、インターネットで調べることを習慣にしよう。

❼調べてもわからなければ質問する
質問するのはがんばっているからです。うまく周りの人の力を借りよう。

何事もスタートが肝心。新学年に進級するこの春が、色々な意味でリセットのチャンスですね!

 

library_books 無料体験授業実施中

東和塾の雰囲気や授業を
無料で体験してみてください!

詳しく見る