ペガサス東和塾

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

世界卓球団体選手権

東和塾ブログ
2018年05月05日

スウェーデンのハルムスタードで行われている世界団体選手権6日目、女子準決勝で日本は、韓国と北朝鮮との合同チーム「コリア」を3-0で破って決勝進出を決め、3大会連続の銀メダル以上を確定しました。一方、男子は準々決勝で宿敵韓国に1-3で敗れ、6大会連続のメダル獲得を逃しました。

テレビ画面上に卓球用語の解説が表示されるので助かりました。「ネット」はネットイン、「レット」はやり直し。そのほか「チキータ」「ナックル」「フリック」「ツッツキ」「ストップ」などの台上技術、「ドライブ」「スマッシュ」「カット」「ブロック」など打法の種類がようやく理解できました。

「何度も心が折れそうになった」と最後まで自らを奮い立たせ、主将の重責を全うした石川佳純選手の涙や、「全部、一からやり直さないと。予選イングランド戦から少しおかしくなって、うまく立ち直れなかった」と張本選手のコメントが心に残りました。

それにしても卓球は面白いですね。

library_books 無料体験授業実施中

東和塾の雰囲気や授業を
無料で体験してみてください!

詳しく見る