ペガサス東和塾

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

本当に集中できる勉強部屋持ってる?

東和塾ブログ
2018年01月06日

たくさんの塾や家庭教師の中から、本当に実力のつく場所を見つけるのは大変です。

いつも講師が傍にいて質問ができる都合のよい環境が子どもの将来にとってマイナスになる場合も少なくありません。講師に質問することが勉強と勘違いしている子、文字を書くのが面倒だという子、問題文を読まずに適当に解答する子が増えているのは、我々がゆっくり考える時間を与えていないからかもしれません。親や講師が額に汗しても、子どもが汗をかかなければ成績は伸びません。

勉強は楽しくしなくてはいけないと考えますが、勉強の本当の楽しさは本気で勉強に向き合った子にしかわからないものです。単に学校の友だちが多いから、単にワーワー騒げることが「楽しい」と勘違いしていると、受験学年になったときに後悔します。

2020年度からスタートする大学新入試では、記述力・思考力・判断力が試されます。「当てはまるものを一つ選べ」など正答の数を示す出題から、「正しいものをすべて選べ」など難問が増え難化する新入試を突破するためには、自らの手で調べて、自らの頭で考える「自調自考」の姿勢をみにつけないと太刀打ちできません。記述が多く、自分の経験を踏まえて深く考えて答える問題が増えますので、今までのやり方では対応できなくなるのは明らかです。詰め込み型ではなく、自分で学ぶ力をつけなければならないのです。

一人ひとり異なっている子どもの性格。それぞれの長所も短所もあるからこそ、性格はもちろん授業のやり方やペースだけでなく、その外側にある大学入試の仕組み、教育制度の改革などにも目を向けて、自ら進められる学習と、集中できる、やるきになる場所を見つけてあげることが第一です。

塾を、新たな勉強部屋にするという選択。春から大切なお子さまの勉強部屋として東和塾をぜひご利用ください。

 

library_books 無料体験授業実施中

東和塾の雰囲気や授業を
無料で体験してみてください!

詳しく見る