ペガサス東和塾

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

合格体験記➏

都立高校入試情報
2017年07月14日

都立江北高校合格体験記

私は、2年生で少し遊んでしまい、1年学年末の定期テストで学年順位が35位だったのが、2年の学年末には128位まで下がってしまいました。3年生になったら真面目になろうとしたけれど、全くなれませんでした。サボリくせがついてしまっていたのです。だから2年からやっておけばと、とても後悔しました。

しかし、私はあきらめなかった。毎日授業に熱心に取り組み、塾でも苦しみながら戦い続けました。あと、宿題を忘れずにやりました。それを続けていくと、学年順位が50台になりました。宿題をやらないと、サボリくせがつき、頭が悪くなり、最終的に何もかもがめんどうくさくなってしまいます。だから宿題は大切だと思いました。

とにかく勉強しないとこの先の人生は真っ暗です。私は受験に失敗することばかり考えていました。高校へ進学できず、中卒で就職し、挫折して退職し、その後はバイト暮らしで、一生両親の世話になると考えました。親が亡くなったら、何も食べずに死んでしまうと考えたほど、受験前は、頭が狂っていました。自分でもわかっているのにゲームをやってしまった。がんばっている人を見ると、その時はやる気になるけど、帰宅すると何もかもがだるく、めんどうくさくなっていました。

推薦入試で不合格になり、後がなくなり頭がおかしくなっている中、ふと目に入ったのがゲームでした。睡眠時間を削ってまでのめりこんでしまいました。メンタルには少し自信があった自分をここまで追い込んでしまうほど、受験は恐ろしいのです。

模試の結果がのしかかり、他人の前では余裕ぶってへらへらしていた自分をなぐりたくなりました。このような苦しい毎日を乗り越え、受験当日は全く緊張しませんでした。

受験を終えてわかったことがいろいろあります。一つは、受験は精神をおかしくすること。二つ目は受験前はどんよりしていた毎日が、受験後はすべて明るくなることです。だから、勉強と適切な精神、体調管理が大切だと思いました。これから受験がある人はがんばってください。

 

 

library_books 無料体験授業実施中

東和塾の雰囲気や授業を
無料で体験してみてください!

詳しく見る