ペガサス東和塾

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

合格体験記➎

都立高校入試情報
2017年07月07日

産業技術高専合格体験記

私は、小学校の頃から、産業技術高等専門学校を目指して勉強していました。しかし、私は、あまり頭が良くないので勉強が好きではありませんでした。みるみる内に周りの友だちについていかなくなりました。そんなとき、私の姉が通っていたペガサス東和塾に小学5年生で入塾しました。この塾は自分のペースで勉強ができるので、自分も少しずつできるようになって、中学一年の最初の定期テストで学年30位を取ることができました。中学3年間に12回あった定期テストでは常に30位から50位で平均より上にいました。

塾には同じ高校を志望する子がひとりいました。その友だちと一緒に合格したいと思っていましたが、その友人は、推薦で合格しました。その子といるときは、笑顔で「おめでとう」。「僕も一般入試で受かるから待っていてね」と言っていましたが、内心はとてもくやしかった。これからは一人で受験という悪魔に立ち向かわなくてはいけないのか、もし落ちてしまったらどういえばいいのかと、あれこれ心配してしまいました。仲の良い友人がみな江北高校を受検するので、自分も志望校を替えようかとも思いました。

私は緊張のあまり勉強に手がつかず家ではあまり勉強できませんでした。塾ではやさしい先生たちが、自分は受かると信じろとはげましてくれ、苦手な英語の文法を一対一で教えてくれました。

今思うと、その友だちは推薦で受かってくれて良かったと思っています。なぜなら、推薦合格していなければ、一般入試でライバルになってしまうからです。

私は、不安や焦りを押しのけ、試験会場には時計を持って行かず、自分のペースで、時間を気にせずに問題を解きました。その夜、塾の先生が苦手な英語を採点してくれました。6問しか間違えていないと言われた時の喜びは今でも覚えています。私が合格した時も塾の先生は、喜んでくれました。

私はあんなにも勉強嫌いだったのに、今はこうしてちゃんと勉強できるようになったのは、塾のおかげだと思います。あきらめたり、つまらなくなっても、ここまで来れたのは、自分一人の力じゃない、支えてくれた全員がいて、今自分はこの場所にいると思うと、勉強をがんばれるようになりました。

私は、かなりバカでしたが、がんばればどんな人でも、第一志望に合格できると思います。私もこうやって受かっているので、みなさんもがんばってください。

2年生へのアドバイス

 受験というのは、とてもつらい一年間です。親に、「勉強しろ」と、多分200回は言われるでしょう。ゲームもあまりできないでしょう。部活も引退して、ストレスを発散できる場所がなくなると思います。それがたまり過ぎると、勉強はしたくなくなります。その対処法を私が教えましょう。

まずストレスを抜くには、友だちと遊ぶことです。気分転換できれば友だちもストレスが解消でき一石二鳥です。次は友だちと遊べないときです。みなさん家庭では、ゲームを一日何時間とかルールがあると思います。ルールがなければ自分で1時間だけと決めましょう。しかしその1時間だけでは、ストレスは抜けません。逆に行動を制限されてるみたいです。それを乗り切るコツがあります。何時間と決めたら、その時間から15分だけオーバーするとストレスが一気に解消されます。みなさん、ストレスと上手に付き合ってください。

library_books 無料体験授業実施中

東和塾の雰囲気や授業を
無料で体験してみてください!

詳しく見る