ペガサス東和塾

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

合格体験記➋

都立高校入試情報
2017年07月07日

都立三田高校合格体験記       

 

私は中1・2年生の頃は、都立城東高校へ行きたいと思っていましたので、都立三田高校に進学することになって正直驚いています。どうしてかというと、中3の夏に学校の先輩が通っていることを知って興味を持ち。文化祭に行き、いろいろと調べている内に、三田高校はいいなぁと思うようになりました。一方で都立小松川高校にも興味があったので、これらの2校に絞り込みましたが、ずいぶん迷いました。ぎりぎりまで悩んだ末に、ワンランク上の三田高校を受験することに決めました。月1回の会場模試では、まだ一度もS判定を取ったことがありませんでしたが、ダメだったら併願の駒込高校に進学しても自分だったら高校生活を楽しめると思っていました。

 1月26日・27日に三田高校の推薦入試を受検しました。試験当日は合格するとは思っていませんでしたが、もしかしたら受かっているかもと思ったりしていました。本番の推薦入試が意外と楽しかったし、内申点も高かったからだと思いました。しかし、落ち着いて考えてみたら「高倍率なので受かるはずがない」と思い始め、一般入試に向けて必死で勉強しました。

 推薦合格発表日、母の都合で昼過ぎに三田高校へ行った。掲示板を見たらすぐに自分の受検番号を見つけました。信じられない気持ちでした。その時間に合格発表を見に来る生徒はいませんでしたので、周りを気にすることなく大声をあげて喜んでしまいました。正直合格したという実感はあまりなかったのですが、これで高校が決まったという安堵感が湧きました。

 私は、推薦入試で合格しましたが、今まで勉強してきたことに悔いはありません。なぜなら、最初は受験勉強が辛かったが、次第に勉強することで解ける問題が増え楽しくなりました。むしろもっとするべきだったと思っています。

 推薦入試では、自分に自信を持って、その場を楽しむくらいの気持ちが大切です。三田高校は英語が得意な生徒が多いので不安もありますが、英語を学び、海外へ行き、現地の人々や大自然に触れ合うことが私の夢でしたので、その夢の実現に一歩近づくことができました。

library_books 無料体験授業実施中

東和塾の雰囲気や授業を
無料で体験してみてください!

詳しく見る