ペガサス東和塾

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

合格体験記➊

都立高校入試情報
2017年07月05日

都立戸山高校合格体験記                         

 

僕が志望校を決定したのは夏休み中でした。いくつか進学指導重点校を見て、その中から選びました。

5教科の勉強の内3教科は、グループ作成問題で難しいので、教科書の内容を完璧に理解し、応用問題を解けるようにしました。理科と社会は共通問題だったので、中3の内容を早く終わらせ、復習に時間を取りました。

私立高校の併願は、学校の前期成績が出てから、3校ぐらい個別相談をして良いと思ったところを選びました。もう一つ、千葉の専修大松戸を受験しました。専松は試験日が一月中旬だったので時間のある冬休みに過去問に取り組みました。結局、専松E類に合格できたので、併願校は受験しませんでした。併願を取る際に、学校によっては他の私立を受けられなかったり、受験料を支払わなければいけない場合もあるので、そういったところも併願を取る際に確認してください。専松に合格したので、都内私立の一般受験の時期にも、自分のペースで勉強することができました。

2月に入ってからは、過去問に多く取り組んで、理科と社会は四十七都道府県の公立高校の問題を全部解き、グループ作成校の問題も大体三年分くらい出来る範囲で取り組みました。グループ作成問題は、とにかく記述部分の配点が大きいので、記述以外で平均を目指し、国語は漢字、数学は大問1、英語はリスニングなど簡単な問題は丁寧に解くようにしました。記述問題は部分点をもらえるようにするため、必ず書くようにしました。また、時間内に記述を含め全問に手を付けられるように過去問で時間配分を練習しました。そのおかげで、本番でも焦ることなくできました。

受験勉強をしていて、辛いことややりたくないこともたくさんあったけども、塾の先生方が常にサポートしてくれたおかげで第一志望の戸山高校に合格できました。これから受験生のみなさんも、自分を信じて諦めずにがんばってください。

library_books 無料体験授業実施中

東和塾の雰囲気や授業を
無料で体験してみてください!

詳しく見る